アーカイブ | 9月 2016

  • インフルエンザの痛みと薬の吸入方法について

    日本では大学や高校などの受験を2月に控えています。日本の2月と言えば寒さが最も厳しい時期であり、なおかつ体も変調をきたしやすく健康管理が大事になります。特に2月はインフルエンザの流行がピークを迎えます。大事な受験を控えて感染するわけにはいかず、予防対策が何よりも大事になります。予防対策としておすすめなのが、予防接種を流行シーズン前に接種することです。9月頃に接種しておけば2月には抗体が出来上がって、感染リスクを抑えることができます。また出来るだけ空気の乾燥を避けるように加湿器を利用したり、マスクを装着し喉を潤すように努めることも大事です。湿度を高め、喉を潤すだけでも感染リスクは軽減します。こうした予防対策を講じていても、体の免疫力が低下していたり、寝不足や栄養の偏り、ストレス過多になっているとインフルエンザに感染してしまうことがあります。感染した場合は速やかに医療機関を訪れ治療することが大事です。感染を知らずに日常生活を送ることで、他人に飛沫感染させてしまうことがあるので感染拡大防止のためにも医療機関の受診は欠かすことができません。インフルエンザに感染すると高熱のため関節の痛みや頭痛などが見られます。またウイルスを体外に排出しようと下痢やおう吐などの症状も見られます。こうした症状はウイルスの肺での増殖を食い止めない限り続くことになります。そのため医療機関で専門の治療薬を処方してもらい服用することが大事です。多くの医療機関ではタミフルと言う錠剤が処方されます。しかし青少年が服用した場合に幻覚や異常行動などが確認されてからは、リレンザと言う粉末薬を処方する医療機関も増えています。吸入方法はいたって簡単で専用のカートリッジにセットし、息を吐いてから一気に薬を吸いこみ肺に薬が蔓延する様に服用します。